坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • いつも、おしりに痛みやしびれがある。
  • 太ももの外側や裏、ふくらはぎ、かかとなどにしびれや痛みがある。                                                            
  • 冷感やだるさがある。
  • 体をかがめると、痛くて靴下がはけない。
  • 立っていると、足が痛くて立ってられない
  • 痛みで歩きにくい

坐骨神経痛は病名ではない

坐骨神経痛とは病名ではありません。おしりから太ももの後ろ、ひざ下の外側、すね、ふくらはぎ、足先に向かっている坐骨神経がよく知られていることから、おしりや足にしびれ、痛みの症状が続くと「坐骨神経痛」と呼ぶことが習慣となっているのです。多くの場合腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアが原因で坐骨神経痛が起こるので治療するときの病名はこの二つになります。

病院での治療

レントゲンをとって骨に異常がなければ、湿布、痛み止めの注射、痛み止めの薬、血流を良くする薬、牽引、それでも良くならない場合は手術。

当院の考え方

痛みは筋肉が緊張して固まり血流が悪くなって起こります。筋肉の緊張が弱い場合は湿布、痛み止めの薬などで治る場合があります。しかしながら長い間のくせや生活習慣、姿勢の悪さなどで発生した強い筋肉の緊張は湿布や注射、痛み止めの薬、牽引では良くなりません。長引く痛みはお尻が痛いからといってお尻まわりの筋肉だけが原因ではないことが多いのです。体全体は1枚の筋膜でおおわれているイメージです。長引く症状は痛みが出ているところから離れている筋肉の緊張が原因の場合があります。当院は丁寧な問診、検査でその原因を特定し、患部だけでなく、全身を調整することによって症状を改善していきます。なかなか症状が良くならない方、是非とも当院にご相談ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せんじゅ整体院

〒120-0036東京都足立区千住仲町31-5佐々木ビル1F